FC2ブログ

もっこりのポケモン道

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

バシャーモ



最近良く使ってるんだけど、やっぱつえーわコイツ。刺さる範囲半端ない。

しかし、使う際に色々立ち回りに苦労するのも事実だと思うので、個人的に気を付けているor気を付けなければならないと思うことをメモします。


・起点にする相手を見定める

ぶっちゃけこれに尽きると思う。

こちら側は私が使っている珠持ちめざ氷バシャーモの想定
実際レートで出会ったPTを例に出すと



この場合、「モロバレル」、「身代わりを貼ってない&小さくなるを積んでいない状態のラッキー」、「こちらが一度加速した&身代わりを貼ってない状態のグライオン」、「アイテムを確認出来た状態のバンギラス(襷の場合は襷を潰した状態)」、「頑丈を潰した状態のエアームド」との対面時、タイマンを確実に制することが出来る。

反面、スイクンとの「対面時」、「こちらが飛び膝以外の技を出した時の受け出し」に関しては受け切られてしまうため、バックでフォローする必要がある。
ただし、バシャーモからスイクンへの飛び膝のダメージが5割近いため、削った状態だと倒すことも可能。
以前は守る身代わりの型が多かったため飛び膝をスカされて痛い目に合うこともありましたが、最近は眠カゴが多いためバシャーモ的には少し動きやすくなっている。

上記のPTが相手の場合、例えばバックにユキノオーがいたとすると、
いるだけでエアームドの頑丈を破壊出来、バシャーモでは厳しいスイクンへのカードになると共に、ラッキーにヤドリギを入れることでバシャーモがぐんぐん回復出来たりする。また、霰ダメージの順序でSの判断も出来るので、バシャーモでチキって守る必要性を減らせる。

このようにバックの2匹を使って前述の条件を全て満たせば勝ち確な訳だが、実際の試合ではそうはいかない場合も多い。
なので、確実なものと不確実なものに分別して割り切って行動することも大事。
例えば、エアームドの頑丈は「確実」なので、多少無理してでも潰す。
バンギラスの襷はPT的にも多分ないだろうと判断したのなら、襷である可能性を捨て、初手からバシャーモで膝をぶっ放すのも一つの選択肢。
その場合は一旦守って様子見るのが無難だがね。

要は↑のPTが相手の場合は「スイクンをバシャーモの膝圏内まで削る」ことと「エアームドの頑丈破壊」をバシャーモ以外の2匹で達成することが勝利のための前提条件。
もし上記のPTのスイクンがブルンゲルorヤドランだとすると、「エアームドの頑丈破壊」と「ブルンゲルorヤドランを倒すこと」が勝利条件になる。


やたらgdった上に当たり前のこと書いただけの気がするけど、実戦でハッキリ意識することは少ない気がしたので復習程度にどうぞ。

安定感に欠けるけどバシャーモつおいお。
スポンサーサイト
  1. 2013/02/03(日) 14:34:35|
  2. ポケモン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<カントーカップについて色々 | ホーム | レート雑記>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://pokemokkori0520.blog.fc2.com/tb.php/188-5d8c25c9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。