もっこりのポケモン道

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

論理的(笑)にパーティ構築 その3

論理的ってなんだっけ


とりあえず雨と砂の紹介が終わったので、他のヤツらを紹介します。

3受けループ
火力インフレが目立つ第五世代だが、耐久も大幅強化された。
受けループとは、それら耐久型で相手を嵌め殺すパーティである。

・ラッキー
photo:06


255 5 5 35 105 50

害悪その1
進化の軌跡によってイかれた耐久を手に入れた。
特殊アタッカーは勿論、生半可な火力だと物理すら起点にしてしまう。
大抵が地球投げ、身代わり、小さくなる、たまご産みなので、挑発でまあ止まる。
もしくは高火力格闘の一致技で倒したい。

・グライオン
photo:07


75 95 125 45 75 95

害悪その2
元々格闘受けとして優秀だったため、ハピナスと組むことが多かったコイツが、特性ポイズンヒールを得て覚醒。
Sが抜かれた状態だと、身代わり→守るでPPを枯らされる。砂が降っていたらHPも擦り切れます。うっとおしいにも程がある。
持っている攻撃技はハサミギロチンと氷の牙くらいなので、身代わり&挑発が安定。ただし、コイツ自身が挑発を覚えるので、Sを抜かれないようにするのが重要。
身代わりが残っていない状態を上手く作り、先制で弱点技を与えて葬りたい。
ラッキーが受けにくる?知らん知らん。

・エアームド
photo:08


65 80 140 40 70 70

上記二匹でも大概害悪なのだが、それでも満足しない輩がいたらしい。なんでもガブに薄いとかなんとか。
その対策として入るのがコイツ。
頑丈で確実にステロを撒け、吹き飛ばしによる昆布、他にも挑発を覚えたりと意外と器用なコイツ。勿論物理耐久はピカイチ。

以上三匹が通称受けループと呼ばれる害悪三人組です。
基本的には挑発安定で済むのが幸いなのだが、反対にこちらは挑発持ちの選出が縛られてしまうのが辛い。
他にも、めざ氷持ちのバシャーモなどだと真っ向から三匹とも粉砕できます。


4その他

・ハッサム
photo:01


70 130 100 55 80 65

種族値は全然足りていないが、耐性による流し性能と蜻蛉返りがとにかく優秀。先制技のバレットパンチも特性テクニシャンのおかげで高威力。下手に放っておくと、剣の舞←バレットで手痛い損害を被る。
珠を持たせたエース型も存在する。

・バルシェン
photo:02


50 95 180 85 45 70

BWで色々と強化されすぎた。
チート技殻を破る、強化された連続技と抜群の相性の特性スキルリンク。
殻を破る型は勿論、それの裏をかくスカーフや鉢巻も存在するため非常に
厄介。
殻を破る前でもDはペラッペラなので、特殊技と先制技を駆使してさっさと倒したい。

・ユキノオー
photo:03


90 92 75 92 85 60

皆大好きの御大。特性雪降らし。
弱点が非常に多いが、逆にメジャーなタイプ(水、電気、地面など)を半減出来る変わったタイプを持つ。でも襷持ちが多い。襷持ちの場合のタイマン性能はかなり高い。
最近はスカーフ持ちも増えている。
雨に強く、砂にもそこそこ強くため、対天候の意味合いで使われることが多いだろう。

・ヒードラン
photo:04


91 90 106 130 106 77

炎が弱点じゃない唯一の鋼。でもゴキブリ。
タイプは優秀といえば優秀なのだが、地面4倍と格闘、水弱点が足を引っ張る。
鋼枠にいれるには少々力不足。
ただ、強い相手にはとことん強いため、ピンポイント対策で投入するのが吉だろうか。
鋼同士のタイマンに強めなのもいい。

・ギャラドス
photo:05


95 125 79 60 100 81

優秀なタイプ、特性のおかげで活躍の機会は多い。
タイプ相性的にガモスを完封できるのも美味しい。
型が豊富で、汎用性の高い身代わり残飯や、グドラ対策になるジュエル逆鱗、竜への打点を意識した珠氷の牙などがある。
一致技の威力が大したことないため、他の積みアタッカーに比べれば対処は楽。勿論早めに処理するに越したことはない。


まー大体こんなもんじゃねーの(棒)


次回、ようやっとパーティ構築します。

では(^-^)/
スポンサーサイト
  1. 2011/11/22(火) 12:49:35|
  2. ポケモン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

論理的(笑)にパーティ構築 その2

前回の記事の続きです。

2雨陣営

・ニョロトノ
photo:01


90 75 75 90 100 70

幻系を除くと唯一の特性雨降らしを持つポケモン。
ただの雨始動役には収まらず、雨込みで火力もそこそこあり、滅びの歌やアンコールなど補助技もそれなり。
スカーフを持たせた型が主流。

・キングドラ
photo:02


75 95 95 95 95 85

ご存知の雨パのエース。
眼鏡雨ポンの威力は驚異の一言。
弱点がドラゴンのみで、耐久もそこそこあるためそう簡単には倒れない。
天候を変えて素早さを落とすのが一番の対策。

・ラティオス
photo:03


80 90 80 130 110 110

ニョログドラだと選出が縛られがちなので、代わりにコイツが入ることも多い。
グドラほどの超火力は出せないが、汎用性が高い。火力も十分ある。
雨波乗りや雷のせいで鋼で受けにくくなっている。

・ナットレイ
photo:04


74 94 131 54 116 20

第五世代から登場した草タイプの救世主。
炎4倍だが、めざパくらいなら大概耐える。非常に高耐久。
電磁波やヤドリギが大変厄介。
しかし、鉢巻型なども存在するため挑発安定というわけにもいかないのが辛い。
雨下でも一確になる一致炎か一致格闘で倒したいところ。

・カイリュー
photo:05


91 134 95 100 100 80

雨と相性が良い積みアタッカー。
竜舞ラム、竜舞珠、鉢巻型などが多いイメージ。
マルチスケイルによって安定して竜舞が積める。優先度+2の神速も非常に強力。
他の竜と同様に、鋼で受けつつ突破したところ。

・バシャーモ
photo:06


80 120 70 110 70 80

加速で覚醒した軍鶏。
雨対策で入るヤツらに安定して強いことから注目を浴びた。
耐久は脆く、フレドラや珠を搭載していることが多いので短命。
何ターンも放っておくととんでもない被害を被るので早々に駆除したい。

・キノガッサ
photo:07


60 130 80 60 60 70

ドーブルを除くと最速の胞子使い。
ローキックの習得で使い勝手が向上している。
ポイズンヒールのおかげで状態異常に非常に強い。
耐久……特に特殊耐久は紙同然なので、後出しは難しい。
胞子さえ封じればあまり怖くないので挑発が安定する。

・ウルガモス
photo:08


85 60 65 135 105 100

バシャーモと大体同じ採用理由。雨対策に強い。
蝶の舞を積めるので、バシャーモよりも安定感がある。
瞬発力で勝り、今世代の必須タイプである格闘を持つ物理のバシャーモか、安定感で勝り、痒いところに手が届く虫を持つ特殊のウルガモス。
どちらを選ぶかはお好みで。

・テラキオン
photo:09


91 129 90 72 90 108

砂対策として入ることが多い。受けループにも、挑発で最低限の仕事は出来る。
ウルガモスにも相性上非常に有利。
襷持ちが多く、無効タイプもないため後出しされることはまずない。

・ボルトロス
photo:10


79 115 70 125 80 111

雨の構成員かと言われれば少々微妙な感もあるが、対策必須スペックなのは間違いない。
チート特性悪戯心により、絶対先制の挑発や電磁波を放ってくる。
Sもラティより早いため、蜻蛉返りで痛い一撃を食らわせつつ撤退する。
器用さだけならピカイチの性能。
HPが1だけでも残っていると、先制電磁波で仕事をされてしまう。
高耐久or高速の地面タイプで早めに処理したい。


賛否両論あると思いますが、私的な雨陣営のリストでした。

次の記事で他のヤツらをもう少し紹介します。

では(^-^)/
  1. 2011/11/19(土) 17:59:07|
  2. ポケモン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

論理的(笑)にパーティ構築

たまには長い記事でも書こうかと^^;

要注意なパーティをメタりつつ、汎用性の高いパーティを作るのを目標に頑張りたいです。

とりあえず要注意な奴らを特徴を交えて羅列。

1砂陣営

・バンギラス
photo:01


100 134 115 95 100 61

砂パの大将。実質600族を越える種族値を持つ。特性砂起こし。
砂下での特殊耐久は異常。火力もある。
鉢巻型、スカーフ型、襷電磁波型など型が豊富で読みにくい。

・カバルドン
photo:02


108 112 118 68 72 47

砂パの大将その2。特性砂起こし。
バンギラスほどの万能感はないが、弱点が少なく、とにかく欠伸連打が厄介。耐久も高い。
ただし、まともな攻撃技を搭載していない型が多いため、挑発があれば比較的容易に機能停止出来る。

・ドリュウズ
photo:03


110 135 60 50 65 88

言うまでもない砂パのエース。
特性砂掻きが非常に強い。
剣の舞を積まれてしまうとマジでヤバイ。
天候を変えて素早さを落とすのが一番の対策。

・ガブリアス
photo:04


108 130 95 80 85 102

時代が変わっても強さが変わらないただ一つの掃除機……
努力値とアイテムを変えるだけで、まるで違うポケモンのように機能する万能ポケモン。
強いことは間違いないが、最近は余り見ないイメージ。
少し前にはスカーフ型が流行っていましたが、最近は意地っ張り鉢巻なんてのもいます。
砂隠れやめて。

・ラティオス
photo:05


80 90 80 130 110 110

砂でも雨でも組み込みやすい憎いやつ。眼鏡流星群の威力は脅威。
トリックや両壁、置き土産など搦め手も充実。
しっかりと耐久調整した鋼で対処したいところ。

・テラキオン
photo:06


91 129 90 72 90 108

格闘最速。岩、格闘というタイプは攻撃面では非常に優秀。
耐久は貧弱。大抵が襷、たまに珠。
ただ殴るだけでなく、挑発を使える点が大変よろしい。

・水ロトム
photo:07


50 65 107 105 107 86

種族値は足りない感があるものの、タイプ&特性浮遊が非常に優秀。
砂に強く、雨にもそこそこ強いため、砂パに混ざっていることもしばしば。
眼鏡型が流行していたが、最近は壁貼りなども増えている。
耐久はそんなに高いわけではないので、高火力竜などで上から叩くのが安定。

・メタグロス
photo:08


80 135 130 95 90 70

皆大好きの鉄蟹。砂パの構成員というよりは、あらゆるパーティに入る万能キャラ。
型は大体決まっているが、強いものは強い。
シュカ持ちかオッカ持ちが主流。最近はシュカが多いだろうか。
弱点の炎技か、高火力の水技一撃で落としたいところ。

・ウルガモス
photo:09


85 60 65 135 105 100

高水準な種族値に、チート技の蝶の舞を覚える。
炎タイプだが、他の炎に比べると水に弱くない。
対面からだと眼鏡ラティオスすら起点にされかねない。物理弱点技で殴ればあっさり落ちる。

・ランドロス
photo:10


89 125 90 115 80 101

発売当初は残念扱いだったが、蜻蛉ルチェンで一躍有名(?)に。
高速&高火力トンボは非常に強い。
砂下であれば地震でH252バンギを一確。
耐久は意外と脆い。

以上砂陣営の紹介でした。他にも色々いるとは思いますが、特に注意が必要なのは上記のポケモンくらいでしょう。


次は雨陣営のヤツらです。
容量オーバーしちゃうので次の記事

では(^-^)/
  1. 2011/11/18(金) 22:03:23|
  2. ポケモン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ランターン

割と久しぶりの更新。

最近は可愛い系のポケモンに良く手を出してます。

photo:01


125 58 58 76 76 67

色々と足りていないのは一目瞭然。
しかし、タイプと特性が非常に優秀なため、ピンポイントではあるが活躍の機会はあるはず。


性格 穏やか
H156 B50 D252 S52
220-70-84-96-140-94

ボルトチェンジ ハイドロポンプ 冷凍B 不意打ち

HD……ラティオスの眼鏡流星群をオボン込み二連続耐え
他にもキングドラの眼鏡雨ポンや、眼鏡龍の波動二耐えなども達成しています。

S……無振り70族抜き抜き抜き

B……残り
一応、強化アイテムのないパルシェンのから破りロックブラスト位なら耐えられます。

物理に繰り出すことはないため、Bはほぼ捨てています。また、繰り出せる相手にはとことん強いので、C無振りにしてあります。
不意打ちは襷潰し&ラティオス専用。威力は雀の涙程度ですが、いざという時にあると大変助かります。


ボルトロス、水ロトム、ニョロトノ、キングドラなど、繰り出せる範囲はそんなに広くはありませんが、それらの非常に厄介なポケモン達に対して後出し出来るのは素晴らしいと思います。

……倒せるかどうかはまた別問題ですが


愛があればなんとか……なれば良いなぁ


では(^-^)/
  1. 2011/11/17(木) 19:37:37|
  2. ポケモン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

キュウコンパ 使用感 その2

存外気に入って使っていたこのパーティ。

しかし、今更ながら致命的すぎる欠点を発見しました。


それは……




ラティオス
photo:01




砂とセットになっているコイツがゲロ重いです。

ほぼグロス頼りになるので選出が縛られます。
しかし、砂にはガモスなども一緒にいることが多いためグロスへの負担が半端ないことに……

ガモスはまだニョロトノでなんとかならなくもないですが、ラティオスは完全に詰みです。

対砂に入れているビリジオンも余裕でラティオス後出しで潰されます。

オワタ(^O^)/


アップ解体決定アップ


やはり天候に頼らないパーティは難しい……


また新しいネタが浮かんだら書きます。

では(^-^)/
  1. 2011/11/15(火) 20:00:45|
  2. ポケモン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

キュウコンパ 使用感

キュウコンスタン(今命名)を回してみた感想を書きます。

とりあえず欠点から。

・勝ち筋が無い(エースがいないと言うべきか)

・火力不足

・選出しにくい(一匹一匹のカバー範囲が狭い)


などがあげられます。

まあ大体は予想通りだったので特に辛いとは思いませんでしたが^^;


反対に、特にこれといって利点も無かったです。

あえて言うなら、相手が砂or雨選出の時は今のところ負け無しです。

あれだけ対策したので、当たり前と言えば当たり前です。



それとは別の話になるのですが、今回のパーティは個々のポケモンの偏差値(?)が非常に優秀でして、ニョロトノもロトムもドロポンを殆ど外しません。
キュウコンも催眠当てまくってくれました。

おかげで、なんだかんだで普段より良い勝率を保っています(試合数は少ないですがね^^;)。

普段使うパーティはシャモが勝手に飛び膝外して自爆するので、ちゃんと当ててくれるだけで非常にありがたいです(泣)


結論:キュウコンは可愛くて(催眠を当ててくれる限り)強い。
  1. 2011/11/13(日) 21:23:43|
  2. ポケモン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

キュウコンパ

バンギラス、カバルドン、ニョロトノ、ユキノオーが頑張っている中、圧倒的に影が薄いキュウコン。

そのキュウコンにも活躍してもらおうとちょい考察してみます。

(上手く晴れさせることが出来れば)雨に強い点を生かして頑張って頂きたいところ。
コンセプトは「雨に強い」。


とりあえず即席で思い付いたパーティ↓↓↓

photo:07


キュウコン@ジュエル
陽気 H212 A6 B100 D76 S116
175-97-108-*-130-148
フレドラ 催眠術 吠える 身代わり

photo:05


ビリジオン@ラム
陽気 H196 A4 B78 D20 S212
191-111-102-*-152-170
インファイト リーフブレード 挑発 エッジ

photo:02


ニョロトノ@スカーフ
H76 B60 C202 S172
175-*-103-135-120-123
ドロポン 波乗り 冷凍B 滅びの歌

photo:03


カイリュー@珠
意地っ張り H68 A252 B4 D4 S180
175-204-116-*-121-123
竜舞 逆鱗 神速 炎のP

photo:04


メタグロス@シュカ
H252 A36 B20 D196 S6
187-176-153-*-135-91
アムハン バレパン 冷凍P 大爆発

photo:06


水ロトム@眼鏡
控えめ H252 B172 C40 D44
157-*-149-143-133-106
ボルチェン 雷 ドロポン めざ炎




以下、個別に解説


・キュウコン

とにかく使い辛いので運ゲー上等。催眠術+吠えるでループしてもらいます。こうでもしないと選出する機会ないです。
Hは16n-1調整
HBはA176グロスの思念超高乱数二耐え
HDはC142ニョロトノのドロポンを晴れ下で二耐え
最速ギャラドス抜き

あくまで気休め程度の耐久調整。
ジュエルフレドラで大概のガモスを倒せます。


・ビリジオン

コンセプトである雨対策は勿論、砂にも強い頼りがいのある子。火力が無いのは御愛嬌。

Hは16n-1調整
HDはラティオスの流星群耐え。キングドラの眼鏡雨ポン二耐えも達成しています。流石の特防。
Sは最速ガブリアス抜き。最速にするメリットが思い浮かばなかったので
かなり妥協しています。
残りをBに振り、柔らかさを誤魔化してます。

挑発で耐久全般、エッジでガモス対策をしています。
晴れを使う以上、ガモス対策は絶対に欠かせない。


・カイリュー

高火力積みアタッカーが欲しかったので、色々検討した結果コイツを採用。
バシャーモも考えたんですが、耐久の脆さとタイプの被りから却下しました。晴れもそこそこ生かせるので相性自体は悪くないはず。

調整は以前の記事のものと同じ。


・メタグロス

相性補完的に。というかコイツ無しのパーティは考えられない。
晴れの天敵、砂を相手にするためにもシュカ持ち。
ハッサムの登用も考えましたが、対ガブの性能を考えて結局グロスに落ち着きました。
調整はテンプレのもの。


・ニョロトノ

安定の砂対策。
雨パとしてではなく、砂対策としてコイツを使う方が使いやすいと思うのは私だけで良い。

Hは16n-1調整
HBはドリュウズの珠地震確定耐え
Sはスカーフ込みで最速115族抜き
残りC

となっています。


・水ロトム

ニョロトノは選出しにくい場面が多いので、同じ水タイプでも汎用性の高いコイツを同時採用。
ギャラドスやマンムーにも強い。グロスとの相性も○

HBはA194ギャラドスの竜舞一積みジュエル逆鱗確定耐え
Cは眼鏡ドロポンでHD特化カバルドン確定
残りD
となっている。



ぶっちゃけキュウコンいる?って感じに仕上がりましたが、元々空気なのである程度は仕方ないです。

毎度のことながら、ランダムで回してみて改善していく……という方法は取らないので、どうせ穴は沢山あるでしょう(おい


前回反省したはずなのに、今回も全体的に低速気味。「相手の技を受ける」前提で構築&調整をしてしまうのが私の弱点ですね^^;


時間が出来た時に回してみる予定なので、その時に使用感などあれば書きます。

では(^-^)/
  1. 2011/11/12(土) 22:02:49|
  2. ポケモン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

雨砂混合パーティ 続編

この前の記事で紹介したパーティの使用感などを軽く書いていきます。


一番辛いと感じたのが、ヤドラン&ブルンゲル。
サンダーでしか対処出来ないため、選出が縛られてしまいます。
よって、バンギラスの技構成を変えて悪の波動を仕込みたいところ。
抜くとすれば冷凍Bだろうか。


次に、ニョロトノの選出し辛さ。
砂とあまり対戦出来なかったというのもありますが、それ抜きにしても選出しにくかったです。


そして何よりも、懸念していた通り「全体的な低速」というのが非常に響きました。
ニョロトノにしてもサンダーにしても、低命中率技を外されるとそれだけでほぼ詰み状態なのが怖かったですね^^;
ただ、私のポケモンにしては珍しく、ニョロトノもサンダーもあんまり技を外さないのでその点はありがたかったです。



逆に素晴らしいと思った点は、グロスの爆発、ランドロスの火力、サンダーのめざ飛の汎用性です。

グロスの爆発に関しては、前から良いと思っていたのですが、このパーティだと更に使い勝手upな気がします。
ただ、あんまり安易に爆破すると後々辛くなることが多かったので注意。

ランドロスの砂時の火力は本当に頼りになります。

サンダーのめざ飛は想像以上の使い勝手でした。
眼鏡持ちのため等倍でもかなりの威力が出る上、幅広く等倍で通してくれる点が非常にcool!


やっつけで考えたパーティでしたが、中々悪くないと思います。


以上、かなり雑になってしまいましたが、軽く使用感のまとめです。

では(^-^)/
  1. 2011/11/11(金) 07:31:16|
  2. ポケモン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

メタグロス

リクエストにあったメタグロスの考察。

ぶっちゃけグロスの調整は既にテンプレ化して出回っているので、それらの紹介をするだけ。

photo:01


80 135 130 95 90 70

いかにも600族といった感じの種族値。


・最も流行っているであろう型

テンプレもテンプレ。相手にグロスがいたら9割型これと言っても過言ではない。

H252 A36 B20 D196 S6
187-176-153-*-135-91

最早一々計算せずに空で書ける。

これにより
・アグノムの珠文字確定耐え
・キングドラの珠雨ポン超高乱数耐え
・テラキオンの剣舞インファイト超高乱数耐え
・A11n調整

だったと思います。

ここまでDに振ると安定感は半端ないです。

技は

アームハンマー、バレットパンチがほぼ確定。


残りの二つは

毒々、コメットパンチ、地震、冷凍P、思念の頭突き、大爆発、トリック、岩雪崩、雷Pあたりから選択。

持ち物は割と自由に持たせられますが、砂に強気に出られるようシュカを持たせるのが最近の主流だと思います。
勿論、オッカ、ラム、オボン、プレート、毒々玉(トリックを仕込む場合)、はたまた鉢巻やスカーフなど、何を持たせても機能します。

汎用性という意味では怪物。


大体のグロスは↑か、またはそれに準じた型になります。つまらん。


一昔前に、めざ炎を搭載した帯グロスなんてのもいましたが、今では全く見ませんね^^;



H252 A36 B78 D116 S28
187-176-160-*-125-94

ちょいと私が考えた調整。

Dのラインを眼鏡ラティオスの不一致95技二耐えまで下げました。
最近はアグノムやマンダも見ませんし、グドラも大概眼鏡持ちなのでこんなもんでも十分でしょう。

Aは最低ラインの36振り。これくらいは無いと厳しいですし、逆にこれ以上振っても余り変わりません。

代わりにSをやや多めに、そして残りを全てBに振りました。

舞ってくるカイリューあたりを意識してのB振りですが、二舞炎Pだと結構な確率で持って行かれます。あくまで気休め程度。

グロスの調整は難しいな(^▽^;)しょぼん

では(^-^)/
  1. 2011/11/09(水) 18:57:01|
  2. ポケモン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アイデア募集

最近激しくネタ切れ気味。

そこでこのブログを見てくれている人々からアイデアを募集しようと思います。

……見てる人がポケモンを知らない人ばっかりだとかは気にしない


「○○の考察しろハゲッ!」とか、「○○を組み込んだパーティ作れハゲッ!」などとリクエストして頂ければ、私の貧弱な知識・知恵をフル稼働して考察致します。

しかし、実用性云々は一切保証出来ませんので御了承くださいm(_ _)m


何かありましたらコメントでお願いします。



ちなみに私はハゲてません。
  1. 2011/11/06(日) 15:36:20|
  2. ポケモン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

砂雨混合パーティ

急に思い浮かんだ新パーティ。ほとんどノリで考えたんですが、結構良い感じな気がするのでとりあえず書いておきます。


・サンダー
photo:01


対雨に安定した打力を持てるという理由だけで採用。サンダーかっこいいよサンダー
調整は前の記事と同じもの。

・バンギラス
photo:02


H252 C78 S180
207-*-130-137-120-104

挑発 ステロ 電磁波 冷凍B@気合の襷

C……無振りガブ確定+α
S……準速ラッキー抜き抜き
Hぶっぱしてある程度の耐久も確保

サンダーのボルチェンでニョロトノを倒してバンギに繋ぐのが理想。
パーティ全体的にガブに薄いので冷凍Bを採用。倒すのに時間はかかるがナンスにも強い。
腐りにくいように襷&ステロ

・ランドロス
photo:03



電気受けを探してたら思い浮かんだ。
バンギと合わせてバンギランド。
サンダーと合わせて蜻蛉ルチェンなど、他と組ませて使うことが多いだろう。
調整は以前の記事を参照。

・ニョロトノ
photo:04


H204 B14 C156 D108 S28
191-*-97-143-134-94

ドロポン 波乗り 冷凍B 滅びの歌@ラム

H……16n-1
C……雨ドロポンでHD特化カバルドン確定
HD……ラティオスの眼鏡流星群確定耐え(C100ボルトロスの帯万ボル確定耐え+α)
S……S93グロス抜き
B……残り

砂ミラーが怖いのでニョロトノを投入。欠伸連打のカバに後出し出来るようにラム持ち。
滅びの歌により、ラッキーやエルフライドにも柔軟に対応可能。

・バシャーモ
photo:05


AS252 B6
155-189-91-*-90-132

飛び膝 フレドラ ブレバ 守る@珠

雨下でもフレドラでナットレイが確1なことに注目。
格闘に薄めなので、サブウェポンにはブレバを採用。
バンギのステロサポートにより、抜き性能はかなりUPしています。


・メタグロス
photo:06



H252 A36 B20 D196 S6
187-176-153-*-135-91

アムハン バレパン 冷凍P 大爆発@シュカ

安定の鋼枠。調整はテンプレのもの。やはりガブが重いのでシュカ&冷凍P。カイリューにもある程度強く出られるので冷凍Pは必須。
困ったらボムるくらいの気持ちで爆発入れてますが、思念や追い討ちや岩雪崩なども勿論選択肢に入ります。



今のところ懸念されるのは「対雨が薄すぎないか」、「ニョロトノをピンでどこまで使えるか」、「全体的に低速が多い」という点。


使用感などはまたいつか。

では(^-^)/
  1. 2011/11/05(土) 17:00:17|
  2. ポケモン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

エルレイド

キルリア♂というポケモン界の矛盾を解消するために産まれたポケモン……かどうかはわからないが、コイツの登場は愛好家達を震撼させた。


俺は正直キルリアあんまり好きじゃないです。

コイツの色違いはゲロかっこいい
photo:01


68 125 65 65 115 80

種族値不足感は否めないが、超・闘という変わったタイプを生かして頑張って頂きたいところ。

少し前に流行ったバンギローブに強いということで一時期注目されていましたが、最近はあまり見ませんね^^;


努力値(性格意地っ張り)
H252 A52 B86 D92 S28
175-167-96-*-147-104

ビルド ドレパン 思念 影うち


・HD……ラティオスの眼鏡流星群確定耐え

・A……ビルド一積み影うちでラティオス確定二発

S……準速ラッキー抜き抜き

B……余り


安定のビルドレ。
格闘全般に非常に強い。Bは結構脆いが、積めればそこそこ硬くなります。

持ち物は割と自由に持たせられます。
ラム、オボンあたりが妥当でしょうか。

元の種族値が低いので、厳しい部分も多々ありますが、上手く使えればマジで強いです。

では(^-^)/
  1. 2011/11/04(金) 19:51:10|
  2. ポケモン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

クロバット

バトレボ環境では腐るほどいたイメージのコイツ。

今でも頑張れば使えんじゃねーの?ってことで軽く考察。

コイツの色違いを見た時の衝撃は異常。でも可愛い
photo:01


85 90 80 70 80 130

お馴染みのS130族の一角。


性格 陽気
H252 B110 S148
192-110-114-*-100-185

技……催眠術 吹き飛ばし 怒りの前歯 挑発


S……最速115族抜き抜き

H……ぶっぱ

B……残り

間違いなく過去最高レベルの雑さ。

だが、やることを考えればこれくらいで良いのでないだろうか。

有利な相手に繰り出し、催眠→吹き飛ばしでループ。受けループ相手にも挑発&前歯である程度対応可能。

現環境最速は115族と言って差し支えないのでSのラインを下げ、格闘などへの繰り出しを少しでも安定させるためにB振り。


催眠さえ当てれば(と言うより運さえ良ければ)ガチでワンチャンあると思います。

持ち物はある程度自由に持たせられます。ヘドロが安定でしょうかねひらめき電球
半減実、オボン、ラムネなども候補か


今更だが、元々トンボを入れるつもりだったので陽気で作ったが、↑の技構成なら臆病の方が良いダウン


では(^-^)/
  1. 2011/11/03(木) 18:34:29|
  2. ポケモン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

フシギバナ

やはり草タイプはいいっ……

前のロズレイドの記事の際にも少し触れましたが、そこそこの耐久とまあまあの火力、そして悪くないタイプを兼ね備えるコイツ(微妙^^;)。

十分に通用するスペックはあるので、上手く使えば化けるかも?


今回は、一昔前に流行った吠えループ型を考察します。

個人的には色違いの方が好きです。
photo:01


80 82 83 100 100 80

御三家らしく、無駄が多いもののそこそこ高水準な種族値。


努力値
H252 B66 D172 S20
187-102-111-*-156-103
特殊技は入れないので性格は慎重です。

・グドラの眼鏡雨ポン二耐え

・準速ラッキー抜き

・残りB

H-Bの耐久の目安は、A204カイリューの珠逆鱗を75%で耐えるくらいです。
そこそこ硬い。



・パワーウィップ……火力を求めて採用。ギガドレだと余りに火力が無いため、バンギに押し負ける。

・眠り粉……必須。苦手な相手はとりあえず眠らせる。

・宿り木の種……必須。大事な回復手段でもある。

・吠える……苦手な相手は眠らせて吠える。それだけでアド取れます。

大体この四つで確定。
めざ炎、身代わりなどをいれても良いが抜く技が無いダウン


持ち物はヘドロが鉄板ですが、ラムとかオボンも悪くないと思います。


雨、砂両方にそこそこ強く、催眠で常にアド取れるので選出しやすいでしょう。催眠外しても泣かない。


では(^-^)/
  1. 2011/11/03(木) 09:51:41|
  2. ポケモン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ドサイドン

みんな大好きドサイドン先生。

基本的にSを上げて無双するのが現環境の主流なので、トリパとか意外と刺さります。

そこで圧倒的火力と遅さ、豊富な技を有する先生の出番なわけです。

photo:01


115 140 130 55 55 40

余りに極端すぎる種族値。何かがおかしい。


トリルで使うので性格は勇敢で良いでしょう。

努力値

H132 A252 B44 D82
207-211-156-*-85-40

HB……A204カイリューの一舞珠逆鱗耐え

H……16n-1

A……ぶっぱ

D……余り

いつになく雑だが、これくらいの方が使いやすいのではなかろうか。


一応火力目安など(珠持ちで計算)

・地震

→H6キングドラ……88.7~105.9%(31.3%)

→H252カバルドン……52.3~62.5%(確2)

→H6ニョロトノ……98.7~115.6%(87.5%)

→H252B108ナットレイ……52.4~62.4%(確2)


・ロックブラスト

→H212B4カイリュー……初弾18.1~22.2%
二発目以降36.2~44.5%(乱3)


→H100B56ボルトロス……48.5~57.4%(高乱数2)


→無振りユキノオー……52.1~61.2%(確2)


→H180ギャラドス(威嚇込み)……28.4~33.6%(超低乱数3)

威嚇無し……41.9~49.7%(確3)


・冷凍P

→H4ラティオス……100~118.5%(確1)


→H68サザンドラ……81.2~96%(確1)

↑↑↑
こいつらはメガホーンだと勿論確1


個人的には↑の三つの技は確定。
他の技は計算めんどい。


メガホーン、炎のP、雷P、アームハンマー、逆鱗、エッジあたりから選択で

では(^-^)/
  1. 2011/11/01(火) 17:31:34|
  2. ポケモン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。